サラリーマン副業で稼ぐ | お金のなる木はない
アコム
24時間最短1分振込(楽天銀行口座がある方)(公式)アコム

サラリーマン副業で稼ぐ

私は過去サラリーマンをしながら、
飲み会の幹事をして月10万~20万円を2年間毎月作っていました。

その方法とコツを公開します。

①月に2回飲み会を開催する
私の場合は毎月、

・チェーン店の居酒屋
・パーティー会場

隔週土曜日の19時~21時で飲み会を開催していました。
理由は、

・毎回同じ会場だと飽きる
・月1回だと参加できない人が翌月参加になってしまう
・毎週だと多い
・土曜日の夜は参加しやすい(社会人)

からです。

②人を集める
私の場合は毎月、携帯に入っている友達500名に、
ひとりひとりメールを送りました。

一斉送信メールを使うと、
「受け取る側で不快に思う人がいる」ので、
ひとりずつ「あなたに送っている」という意識と、
仲を深めていくところを意識しました。

仲良くなると、友達を呼んでくれる頻度も増えました。

連絡を取る順番は、

①会を盛り上げてくれる男性を少数精鋭で
(ルックスが良い、仲が良い、参加女性を楽しませてくれる)

②とにかく女性を集める

③女性より少し少なめに男性を集めて、半々くらいの割合にする
(男性4:女性6くらいでも会場の雰囲気が良くなって良いです)

男性は「男性が足りないから来ない?
と言えば勝手に来てくれます(笑

女性は一人では参加しづらく友達を呼ぶ時間も必要なので、
早い段階でどんどん声をかけておくといいと思います。

女性は興味のない男性よりもかわいい女性と仲良くなりたいので、
女性が少し多い分には困りません。
(仲良くなって別の飲み会に一緒に行けますからね)

500名送りますと、
大体1回50名、月100名くらい集まりました。

③プラン
チェーン店の居酒屋の場合は、ワタミ系列が好きでした。

お通しがカットできる

からです。
これで1人当たり500円ほどプラスになります。
次に、

アラカルト注文にする
ビールは瓶にする

ことで1人あたりのコスト削減になります。
ここで当然、

・遅れてくる人
・あまり飲まない人

適宜参加費を安くしてあげます。
(そうすると感謝してくれ、また参加してくれます)

パーティー会場の場合は、
金額相談によくのってくれて、
今後も人間関係が深まりそうなオーナーさんを見つけると良かったです。

私の場合は幸い見つかり、
毎回臨機応変にお互い歩み寄って、
協力しながら開催することができました。
お店側の利益が増えれば、こちらの利益も増えますので)

④前日か前々日に連絡する
この連絡をすることで当日のキャンセル率が減ります。

この連絡をしても、必ず毎回5名前後はキャンセルが出ますので、
大切な作業だと思います。

⑤当日
当日一番意識していたことは、
楽しめてなさそうな人に話しかける
ことでした。

その人も話しの輪に入れてあげることでまた参加してくれますし、
全体の空気も良くなります。

そして初参加の友達の友達には、
○○さんから連絡先聞いて連絡してもいいですか?
の確認だけ取っておきます。
(直接たくさんの方に聞きすぎると幹事の職権乱用に思う方もいますので)

⑥アフターメール
参加者全員に御礼と楽しめたかのメールを送ります。
この時当日初参加した友達の友達にも、
今後直接コンタクトが取れるように、
紹介者から連絡先を教えてもらい、連絡をします。

この繰り返しで、
毎回初参加の方が全体の30~50%くらいを維持できると、
毎回来る方も新しい出会いがあり飲み会を継続することができます。
飲み会の目的は出会いなので)

こんな感じで参加者に楽しんでもらいながら継続していき、
大体1回の利益が5~10万円くらいでした。

100名以上のクリスマスパーティーなどですと、
1回で20万円以上利益でました。

最後のポイントとしては、
幹事は自分だけ
です。

幹事が複数いると途中からトラブルも起こりえますし、
自分の思い通り出来なくなります。

人間いつ裏切るか分かりませんから、
自分を信じて腹を決めてやってみると楽しいと思います。

少人数からでもいいので、
自分も出会いを楽しみながら、
毎月お小遣い程度稼げたら楽しいと思います。

最悪プラスマイナス0でも自分は毎回、
無料でお酒と出会いが手に入りますしね。

みんながめんどくさがる幹事だからこそ、
こういった恩恵やチャンスがあります。

これからもこうやってめんどくさいをちょっと発想転換して、
人の役に立ちながらお金を稼げる自分になっていきたいです。


当日50万円ずつ借りました
借りた結果と審査通過率を上げる方法

お金を借りずに最短5分で審査なしでした
借りずに現金を作った方法

スポンサードリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ